総量規制と銀行のカードローンについて


カードローンで制限なくお金を借りられることなどありません。サービスには借りられる金額に上限が設定されているため、その範囲内で借りる決まりになっています。上限の設定は、サービスを提供する会社側が独自に決める以外にも、総量規制によって範囲が限定される例が存在しますので、気をつけましょう。
この総量規制の知識として覚えておきたいのが、銀行のカードローンです。銀行のカードローンの場合だと、規制に関係なくお金が借りられるようになっています。
銀行では貸金業法が適用されていないのが理由です。総量規制は貸金業法に当てはまることから、貸金業法に則ってカードローンを提供している、消費者金融や信販会社が守るべきものです。利用者の年収の3分の1を超えるお金を貸してはならない法律になっています。いくら消費者金融や信販会社が多額のお金を貸したくても、年収の3分の1までしか融資を受けることができない点に注意しましょう。
貸金業法が適用されないカードローンならば、年収に関係なく自由な上限額の設定ができます。銀行に限らず、信用金庫といった金融機関のカードローンも可能ですので、覚えておくと便利です。しかし、総量規制がないカードローンとはいえ、本人の返済能力によって貸し出す金額を設定するのは、消費者金融や信販会社と一緒です。収入に対してそれなりの限度額が設定されるケースがほとんどであることを、知識として身につけておきたいところです。